病院食からネズミの頭

フィンランドの病院食の温野菜から、なんとネズミの頭が発見された!

スポンサードリンク

病院食からネズミの頭

フィンランドの病院食の温野菜から、なんとネズミの頭が発見された!

日本でこんなことが起こってしまったら・・・
本当に怖いですね。なぜに混入してしまったのか?

フィンランド東部の病院で入院患者に出した食事の中に
ネズミの頭部が混入していたのが見つかった。
病院の管理責任者が26日に明かした。【ロイター】

病院食からネズミの頭の続きを読む

東大でエボラ出血熱の無害化に成功

エボラ出血熱の驚異からの回避 読売新聞より
東大チームがエボラ出血熱の原因であるエボラウイルスを遺伝子操作し、
特殊な細胞の中でしか増えない安全なウイルスに改造することに、
河岡義裕・東大医科学研究所教授らの研究チームが世界で初めて成功した。

遺伝子操作の技術がここまで来たことにビックリです!

エボラウイルスは、外部と隔離された実験室で極めて厳重な管理のもとで
取り扱わなければならず、これが治療薬開発などの研究が進まない主因になっていた。

この改造ウイルスを使えば、通常の実験室でも研究が可能となり、
今までなかったワクチンの開発などが大きく進む可能性がある。

エボラ出血熱の原因
アフリカ中央部(スーダン、コンゴ民主共和国、ガボン)および西アフリカで発症。
自然界での宿主や媒介する動物については全く不明。
英科学誌ネイチャーにて、食用コウモリからの感染を疑う説が発表されている。

東大でエボラ出血熱の無害化に成功の続きを読む

ロンバーグ病とは?顔面片側萎縮

昨日のTVで紹介していましたロンバーグ病とは?
ロンバーグ病って聞きなれませんよね。
ロンバーグ病について調べてみました。

パリーロンベルク病
進行性顔面片側萎縮
シンコウセイガンメンヘンソクイシュク
[英]progressive facial hemiatrophy
多くは思春期の頃(10代)に発症する。
顔面の皮膚や皮下組織(脂肪、筋肉)、軟骨・骨に徐々に萎縮が生じる。
症例により様々で突然進行が停止することもある。
原因は不明である。

ロンバーグ病とは?顔面片側萎縮の続きを読む

看護師の杜:2008年01月の記事
サルの脳でロボットが動く!? : 2008年01月16日
サルの脳でロボットが動く!?歩いているサルの脳活動を読み取り駆動
キーボードでノロウイルスが感染 : 2008年01月16日
コンピュータのキーボートやマウスなどでノロウイルスが感染
心臓に細胞注入で再生 : 2008年01月15日
心臓に細胞注入で再生。米ミネソタ大の研究チームが米医学誌ネイチャー・メディシンで発表。
薬害肝炎救済法が可決・成立 : 2008年01月11日
薬害肝炎救済法が可決・成立ついに全会一致
鳥インフルエンザ 感染! : 2008年01月11日
鳥インフルエンザウイルスが人へ感染した!中国で鳥インフルエンザウイルス感染
浜崎あゆみ 突発性内耳障害(左耳) : 2008年01月07日
浜崎あゆみ 左耳が難聴に!突発性内耳障害とは?

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2008-2009 All Rights Reserved 看護師の杜