銀座眼科 レーシック 術後感染 - 医療事故・事件

医療事故・事件についての情報

スポンサードリンク

銀座眼科 レーシック 術後感染

東京都中央区保健所が2月25日に、
銀座眼科 で 近視を矯正する レーシック 手術を受けた患者639人のうち、
18歳〜66歳の男女67人が 感染性角膜炎 や 結膜炎 を発症したと発表した。

銀座眼科 が1月20日頃に治療機器を消毒する機器を入れ替えたところ
感染報告がなくなったという。

保健所では消毒機器の衛生管理方法や、
医師の手洗い方法が不適切だったことなどが 原因 とみて調べている。

銀座眼科 は、インターネットの 口コミ や 評判 で広がり、
格安で レーシック手術 が受けられると 評判 になっていた。

レーシック 手術を受けた患者2人が入院しているそうで、
19歳の女性の家族によると 失明 の恐れがある重症だという。

銀座眼科 レーシック 術後感染の続きを読む

医療事故・事件の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2008-2009 All Rights Reserved 看護師の杜