救急看護認定看護師

救急看護認定看護師の役割

緊急看護とは、緊急性の高い外傷や疾患などを扱う看護です。
分かりやすい例では、救急者で運ばれてくる患者さんの対応などが緊急看護になります。

 

緊急看護の対象は、疾病、外傷、脳血管障害、中毒などの多種多様な疾病・外傷を有した、
あらゆる年齢層の患者とそのご家族です。

 

救急看護認定看護師の役割は、まず患者さんが運ばれてきた際に、
病態の緊急度・重要度を基軸として、少ない情報から患者さんの状態を判断し、
状態に応じた適切な救命技術を実践することです。

まずは危機的状況にある患者さんの生命を守ることが大事ですが、
救急看護認定看護師の役割はそれだけではなく、命をつないだ患者さんやそのご家族の、
その後の生活を見据えた精神的な援助も含まれます。

 

時に医療の現場では、疾病や事故などによる外傷の対応に迫られることがあります。

 

緊急看護分野の専門看護師である緊急看護認定看護師には、看護技術だけではなく、
どんな患者さんにとっても十分に精神的なケアができる高いコミュニケーション能力も求められています。

 

緊急看護は、すべての医療現場において日々実践されています。

 

緊急看護の分野に特化した緊急看護認定看護師の活躍の場は無限に広がっていますし、
今後も必要とされ続けるでしょう。